終身医療保険・終身がん保険比較ランキング!〜無料見直し体験談も!

FPヨシタが教える!あなたにとって最適な生命保険の選び方!

保険は決して難しいものではありません!

問診

「保険」て恐らく多くの人にとって難しいイメージですよね。
一口に「保険」と言っても、大きく分けて

 

  • 医療保険・がん保険
  • 終身保険(死亡保険・生命保険)
  • 養老保険

 

等の種類があります。

 

そして、それぞれの保険ごとに対象となる保障内容が異なっています。
更に、それぞれ保障を受けるための要件は異なります。
このあたりが保険が難しいと言われる理由だと思います。

 

保険は種類が多くてどれに入れば良いか分からない?

保険選びで最も苦労する点は、種類が多すぎて自分がどの保険に入れば良いのか分かりづらいという点です。
これは、保険選びを始めたばかりのころに誰しもが躓くポイントです。

 

でも大丈夫です!

 

そんな悩みはちゃんと解決することができます。

 

当サイトのメインコンテンツでは、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持つ私が次のプロセスで良い保険を出会う方法を解説しています。

  • 保険料や保障内容に基づく各種生命保険の比較
  • 自分に合った生命保険を選ぶポイント
  • 加入後にも困らない生命保険加入時のポイント

また、実際に数多くの生命保険を分析比較し、おすすめの順に評価しています。

 

加えて、日常の様々な場面で遭遇する生命保険の付き合い方についても解説しています。
例えば、次のような時にどういった保険を選ぶことで、無駄のない保険選びができるかを紹介しています。

  • 会社で加入した団体保険は今のままで良いのだろうか?
  • 結婚をすることになったけどどんな保険に入れば良いのだろうか?
  • 保険に入ると税金が安くなると聞いたんだけどよく分からない…。

 

このサイトを立ち上げた目的

ポイント

私がこのサイトを立ち上げたのには、以下のような1つの大きな目的があります。

「生命保険の知識や選び方を分かりやすく紹介することで、保険を選ぶ目を養って保険の無駄をなくしてほしい!!」

 

私はもともとは県民共済に加入しており、人生の転機を機に本格的に生命保険への加入を検討しました。
その際、有名な生命保険のパンフレットを取り寄せ、加入のために保険の事を調べていました。
しかし、見るべきポイントを全く知らなかったために、上手く生命保険を選ぶことができませんでした。

 

保険を分かりやすく教えてくれたFPさんとの出会い

そんな折、試しに申し込んでみた生命保険の無料相談サービスで、今でも仲良くしているFPさんに出会いました。
そのFPさんは、保険の種類ごとに、選ぶ際に見ておきたいポイントがあることを私に教えてくれました。
そして、そのポイントを押さえたうえでの自分に最適な無駄のない生命保険を選ぶことで、必要のない保険に入らずに最低限の保険料で十分な保障が得られることを教えてくれました。

 

私自身、会社で従業員の年末調整処理を担当していたため、他の人がどのような保険に入っているの見る機会がありました。
その時に、FPさんに教えてもらったポイントに沿って見てみると、明らかに不必要なまでの保険に入り無駄な保険料を支払ってしまっている人が多いことが分かりました。

 

私自身もFPの資格を取得しました

以上のような実態を知り、少しでも無駄な保険料を支払っている人を減らしたいと思い、このサイトを立ち上げました。
立ち上げ当初は、私自身の体験談や、会社での団体生命保険や社会保険業務の知識を基にサイトの作成を行っていました。

 

しかし、サイトを作成する上で、より詳しく正確な情報をどこよりも分かりやすく紹介したいと考え、私自身も平成27年にFP資格を取得しました。
こうした資格や知識を活かし、正確でわかりやすい情報をお伝えしていきたいと考えています。

FP試験合格証

 

どんな方法で保険に入るにせよ、最低限の知識は身に着けてほしい

生命保険に加入する方法はさまざまな方法があります。
ただ、どのような方法で保険に入るにしても、最低限保険の知識は持っておく必要があります。
その理由は、自分が入っている保険のことをしっかりと知っておく必要があるためです。
そうしないと、いざ保険を使うときになって、自分の保険のことがよくわからないという事態になってしまいます。

 

なお、私自身はFP資格を取得する前に、FPに相談するという方法で保険に加入しました。
ただ、その場合でも、相談する中である程度自分で知識を付けて行ったため、自分が入る保険への理解が深まったと感じています。

 

FPは、日頃から、相談者のさまざまな情報をもとに、その人にとって最適な保険を提案しています。
例えば、次のような家庭の情報をもとに、最適な保険を見つけます。
実際に、私も家庭の状況に合わせてFPに、私にとって最適な保険を教えてもらいました。

  • 家族構成
  • 貯蓄状況
  • 社会保険の状況

 

保険の提案を受ける中で、もらった資料を参考に自分でも保険のことをいろいろと調べました。
以下は、その時に何人かのFPさんからもらった資料の一部です。

もらったパンフレットの数の紹介
色々とパンフレットをもらいました。

もらったパンフレットを厚さで紹介
FPさんから受け取った提案書は10円玉より厚いです。

 

FPの力を借りるにしても最低限の知識は持っておきたい

自分で保険のことを調べる女性

保険を選び、いざ加入を考える際に、FPに相談するのは間違いの少ない方法ではあります。
ただ、すすめられたものに漫然と加入する事はしてほしくありません。
理由は、今自分が入ろうとしている保険の中身をちゃんと知っておいてほしいからです。

 

自分が入っている保険の事を知らないで保険に入るのは、いざ保険を使う時にそのツケが回ってきます。
生命保険の保険金は、自分で保険会社に請求をしない限り支払われることはありません。
そのため、請求を行うのにはどんな時に保険金が支払われるのかを知っておく必要があるのです。

 

保険金請求を行うのは、病気やケガをしたとき等の非日常のタイミングとなります。
もしその時点で保障内容を知らない場合に、保障内容を詳細に確認している余裕はあるでしょうか?
ほとんどの方がそんな余裕はないはずです。

 

そうならないためにも、自分が入る保険がどんなものなのかを一度自分で確認しておいてほしいのです。
それは、自分に本当に必要な保険であるかを再確認することにもつながり、無駄な保険に入らないということにもつながります。

 

知識が身に着いたら加入手続きでFPの力を借りると加入後も安心

信頼できるFP

自分でもある程度保険の知識が付き、加入したい保険が決まった場合には、加入の仕方のポイントがあります。
それは、ずっと自分の担当者となってくれるFPから保険に入るというものです。
実は、これも無駄な保険に入らなくて済むための1つの方法です。

 

FPから保険に入ると無駄な保険に入らなくて済むかというのには、もちろん理由があります。
それは、今後家庭の状況が変わった場合に、今までとこれからを踏まえた上で、今後必要になる保険の相談に乗ってくれるからです。
あなたのことをそれまでのことを知っている人から保険に入ることで、今後あなたにどんな保険が必要で、反対に今までの保険では何が不要になるのかをきめ細かく判断してもらうことができます。

 

また、FPは生命保険だけでなく、金融全般の専門家でもあります。
そのため、たとえば次のような様々なタイミングで専属の担当者としてアドバイスをもらうことができます。

  • 子供が生まれた時
  • 家を買う時
  • 老後に備えたい時

こうしたつながりが持てることで、生命保険はもちろん金融全般で無駄を減らすことができます。

 

もちろん、私自身もFP資格保持者としてこのサイトで無駄のない生命保険を選んでもらえるよう選び方のアドバイスを行っています。
ただ、やはり保険に入る際には、自身の近くで信頼できるFPから加入をしておいてほしいのです。
そうすることで無駄なく安心して保険と付き合うことができることは、私自身が自信をもって保証します。

 

保険を選ぶことというのは、人生で長い間付き合う1つのパートナーを選ぶことになります。
このサイトでは、そうした大切な保険選びのお役に立てるような情報をお届けしたいと思っております。
あなたの保険選びのお役に立てれば幸いです。

 

 

サイト内コンテンツメニュー

子供の教育資金や老後の資金に備えたい
学資保険の部屋 個人年金保険の部屋
入院やケガに備えたい
医療保険の部屋 がん保険の部屋 女性保険の部屋 引受基準緩和型保険の部屋
万一の場合や働けなくなった場合に備えたい
死亡保険の部屋 就業不能保険の部屋
保険加入のことやその他の保険にまつわることを知りたい
保険相談の部屋 保険のお悩みQ&A 保険雑学コラム