生命保険の見直し時や選ぶ際に気を付けたい重要なポイントとは

各種保険を見直すためにはどんな点に気を付けたら良いのか?

保険を見直すことはなぜ必要?

仕事

「保険を見直して無駄な保険料を減らす!」
ということが広まり、保険の見直しは多くの人が知るところになりました。

 

実際に、いま入っている保険を見直せば保険料の無駄を減らすことができる場合があります。
特に、ずっと以前に入ってそのままの保険は、高い確率で保険料を下げることができます。

 

見直しが必要な理由は大きく2点あります。

  • 保障内容が古いままとなっている
  • 無駄な保障がついている

これらをしっかり見直すことにより、保険料を大幅に安くできることが多いです。

 

保障内容が古いままとなっている

まず1つ目は、保障内容の見直しが重要だからです。
最近の保険は、

  • 保障内容が合理的になっていたり
  • 保障される日数が延びていたり

と言った進化を遂げています。

 

分かりやすい例は、定期死亡保険と収入保障保険です。
収入保障保険は、定期死亡保険を非常に合理的に進化させた保険です。
(「定期死亡保険の見直し方と選び方」のページで詳しく紹介しています。)
そのため、保障内容の点で、大きく無駄が省かれ、保険料も半額以下になっています。。

 

無駄な保障がついている

病院

2つ目は、無駄な保障がついていることが多いからです。
特に「特約事項」として、無駄な保障がついている場合があります。

 

よくある無駄な特約の例としては、次のようなものがあります。

  • 祝い金特約
  • 医療保険と医療保障特約の重複

こうした特約を外したり、無駄に大きすぎる保障を下げることで、保険料が大幅に安くなることがあります。

 

保険ごとに見直すべきポイントは異なる

ここまでご紹介したように、保険を見直すことは安心面でも、金銭面でも効果が大きいです。
しかし、すべての種類の保険が同じ見直し方ができるわけではありません。

  • 入院時の保障がメインの医療保険
  • 死亡時の遺族保障がメインの死亡保険

これらでは、保障するポイントが異なるため、当然見直すべき点も異なります。

 

以下のページでは、そうした保険ごとの見直すべきポイントや仕組みについて紹介していきます。
また、保険見直しの際に役立つ情報や、分かりにくい点についても詳細に説明します。

各種保険の見直し時のポイントに関する記事一覧

 

終身保険の見直し風景

終身保険(終身死亡保険)は、保険金が支払われるため保険料が高く設定されています。終身保険は加入時のままではなく、見直しを行う事で保険料を安くする事ができます!見直しや新規加入の方法、選び方を紹介します。



 

定期

定期死亡保険(定期保険)は、万一の際、大きな保障を確保するのに力を発揮します。終身死亡保険に比べ割安に保障を得られますが、見直しを行うと更に安く半額以下の保険料で同じ保障を確保できます。その見直し方と選び方を説明します。



 

医療保険

入院時に入院日数などに応じて保険金が支払われる医療保険(入院保険)ですが、日額保険金や日数を多くしてしまいがちです。医療保険は、国民健康保険等の社会保険制度を考慮することで、保険料の無駄をなくせます。無駄のない選び方や見直し方を説明します。



 

問診

がん保険では、治療方法の進化に合わせて保障内容や特約事項が進化しています。また、保険料も割安になっているため、見直すことでより良いがん保険に加入することも可能です。良いがん保険に見直すための選び方と最近のがん保険の特徴を紹介します。



 

調べ物をするおじいさん

生命保険の中でも見直しが難しいのが個人年金保険です。貯蓄型の保険のため、一度解約して乗り換えるのがやや面倒です。しかし、返戻率が悪い場合には見直しを検討した方が良いです。損をせずに個人年金保険を見直す方法や、選び方の基本を説明します。



 

お年寄り

「保険に追加加入しよう」や「別の死亡保険に見直そう」と考えた場合でも、健康面に問題があると乗り換えや見直しができないことがあります。しかし、そんな時でも工夫次第で見直しが可能です。健康上の理由で見直しが難しい方向けの方法を紹介します。



 

名刺交換

定期付終身保険を見直そうとすると、保険会社の営業担当者が「転換」と呼ばれる方法を勧めることがあります。保険料が変わらずより大きな保障が得られると言いますが、実はそううまい話はありません。転換とはなんなのか、そしてそのデメリットを説明します。



保険見直し時の注意点に関する記事一覧

注意する風景
保険見直しを検討し、いざ新しい保険に加入する際、古い保険の解約には十分に注意が必要です。うっかり、早々に解約してしまうと「保険がなくなる」という非常に困った事態が待っているかもしれません…。その理由と、防止する方法を紹介します。


支払い猶予期間の説明
生命保険には「支払い猶予期間」という、保険料を払い忘れた場合に保険失効を防ぐ救済制度があります。しかし、この制度をうまく使うことで、保険の見直し時に、保険料をお得に節約する方法があります。その方法を紹介します。


支払い猶予期間の説明
保険に新しく加入するにあたっては、1か月の保険料を先に支払う必要があります。でも実は、保険に加入する時期によっては、支払う保険料を1か月分節約することができるのです。新しく保険に入る際に保険料をお得にする方法を紹介します!


節約
家計や生活費を節約するために見直すべきものの1つとして生命保険があります。見直しによっては、最大で毎月数万円の節約になる場合があります。見直しの際に注意したい3つのポイントと、より簡単で間違いのない見直し方法を紹介します。




私が保険に加入した際、無料保険相談会社に相談したことで自分に合う保険に加入できました。
保険のプロが、たくさんの保険の中から無料であなたに最適な保険を教えてくれます。
私が実際に相談した7社のうち、次の3社が特におすすめです。

「保険のビュッフェ」公式サイト画像

私が実際に保険の契約をした無料保険相談会社。
相談時には、保険のメリットだけでなくデメリットもしっかり説明してくれた。
「他のFPさんの話も聞いてみて、もし私で良ければいつでもご連絡下さい!」
と言ってくれて、保険の勧誘はせず、常に相談者を気遣った提案をしてくれた。
そうした点等、相談を通してとても信頼でき、保険のビュッフェに契約をお願いした。
結果、現在は自分にピッタリな保険に加入できてとても満足している。
その後も複数の保険見直しをお願いしたが、その都度最適な保険を提案してもらえてとても助かっている。
また、加入後にも住所変更や等にすぐ対応してくれて、お願いして正解だった。
項目提携FPの取扱い保険商品数 100以上


私が実際に保険に加入した保険相談です

⇒「保険のビュッフェ」の詳細はこちら

「Lifull保険相談」公式サイト画像

店舗型の保険ショップを選び、じっくりと相談することができる。
提携店舗が多く、買い物のついでに立ち寄って相談するといったことも可能。
保険の知識が豊富で、しつこい勧誘を行わなない店舗とのみ提携しており、実際に私が相談した際には、自分でしっかり考えられる時間を取って次の相談日を設定してくれた。
自宅やファミレス等ではなく、店舗で相談したい場合には最適。
他の保険相談のセカンドオピニオンとして相談するのにもおすすめ!
項目取扱い保険数 店舗により異なる


⇒「Lifull保険相談」の詳細はこちら

「みんなの生命保険アドバイザー」公式サイト画像

各保険の違いにしっかりと触れながら、的確に必要な保険を説明してくれた。
取扱い保険数が多く、相談者の目的に応じた豊富な提案が受けられる。
また、ライフプランに沿った提案をしてくれたのも印象的だった。
しつこい勧誘も一切なく、受けられる相談の質が高いと感じる。
他2社と甲乙つけ難く、他社とあわせて利用し比較して契約しても良い。
(私は実際に複数社をセカンドオピニオンとして利用しました。)
項目取扱い保険数 30社


⇒「みんなの生命保険アドバイザー」の詳細はこちら


無料保険相談会社 保険提案力No1

保険のお得な選び方を教えてくれる「保険のビュッフェ」

「保険のビュッフェ」公式サイト