個人年金保険の選び方と考え方|安心して老後に備えるために

入っておきたい個人年金保険

個人年金保険は将来の自分のための貯蓄です

「年金」と言う言葉には、ややネガティブなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

  • 将来もらえない
  • 老後が不安

等、やや悪い印象があるのではないかと思います。

 

ただ、同じ年金でも「個人年金保険」はとても役に立つものです。
この「個人年金保険の部屋」では、そうした個人年金保険の有効性や仕組みを解説していきます。

 

個人年金保険とは?

おじいさんと孫

個人年金保険とは、自分のための年金です。
働いている現役世代のうちに、お金を積み立て、それを老後に受け取ります。
自分で支払い、それを自分で受け取ることになります。
(国の年金制度は、支払ったお金を直接自分が受け取るわけではありません。)

 

そして、積み立てている間にはその積立額に対して利息が付きます。
そのため、将来受け取る際には次のような仕組みで年金として受け取ります。

積み立てたお金 + 利息 = 個人年金

 

個人年金保険を選ぶ際には、こういった基礎的な知識や選び方を最低限知ったうえで選んでいくと、自分に合ったものを選ぶことができます。
以下のコンテンツでは、そうした基礎知識や個人年金保険の仕組み、それらを踏まえた各個人年金保険の比較を行っています。

 

税金面でのメリットもある

個人年金保険は、積み立てている間に控除制度を用いることで、次の2つの税金が安くなるという節税機能もあります。

  • 所得税
  • 住民税

こうした節税機能は個人年金保険ならではのもので、定期預金等には存在しません。
そのため、保険料を支払っている間にもメリットがあります。

 

個人年金保険に入っている人は意外と少ない?

違いや疑問を説明

良いことが多い個人年金保険ですが、周囲を見てみると加入している人は意外と多くありません。
やはり、死亡保険や医療保険に比べて馴染みが少なく分かりづらいことが原因の1つのようです。

 

しかし、老後のことを考えれば個人年金保険はぜひ入っておきたいものです。
ただ、イマイチ仕組みが分からない場合にはそう簡単には入れませんよね。
そこで、個人年金保険で疑問に思いがちなポイントについて、以下のコンテンツで分かりやすく解説をしています。

 

個人年金保険を個別にレビュー

ポイント

個人年金保険は、医療保険や死亡保険ほどではないですが、取り扱う保険会社が多いです。
しかも、仕組みは同じように見えても、将来受け取ることができる年金額の部分で違いが出るため、やや複雑なものであると言えます。

 

そうした個人年金保険について、特におすすめできるものを管理人のヨシタがその保障内容や返戻率などをレビューしながら紹介します。
個人年金保険を選ぶ際の参考になれば幸いです。