生活を守ることにつながる死亡保険の無駄のない選び方と考え方

死亡保険は有名だけどちゃんと選べているかは難しい

死亡保険は家族のための保険です

死亡保険というと、死亡時に多額の保険金が支払われるイメージを持つ方が多いと思います。
それは間違いではないのですが、そのお金が何のためのお金であるか、ということは大切です。

 

死亡保険金は、多くの場合において遺族の生活費です。
つまり、死亡保険は遺族保障としての保険であるといえます。

 

一言で「遺族保障」と言っても場面場面で異なってくる

死亡保険は遺族保障のための保険ではありますが、だからと言って一言でまとめられるものでもありません。
というのも、家族の状態というのは人それぞれで異なるためです。

家族

  • 共働きの家庭なのか
  • 小さな子供がいる家庭なのか
  • 子供がある程度育っている家庭なのか
  • 住宅を持っているか

こうした諸条件で、最適な死亡保険は異なってきます。

 

死亡保険の種類も豊富

死亡保険は大きく分けると次の2つの種類に分かれます。

  • 終身タイプの死亡保険
  • 定期タイプの死亡保険

これらは全く用途が異なってきます。
用途に応じて最適なものを選んでいくことが大切です。

 

基本的には、次のように用いることで、無駄なく効果的に活用することができます。

  • 終身タイプは保険料が高いため、死亡時に必ず必要になるお墓代等に
  • 定期タイプは保険料が安いため、一定期間の間だけ必要な子供への遺族保障等に

このように、死亡保険には向き不向きがあります。

 

終身死亡保険選びの基本的な知識

調べるおじいさん

ここまでご紹介したように、終身死亡保険はあくまで自分のお葬式代などの少額の死亡保障として用います。
ただ、そんな終身死亡保険もその中でさらに複数の種類に分かれます。

 

以下のコンテンツでは、終身死亡保険選びの際に知っておきたい基礎知識や選び方、複数の終身死亡保険の比較情報を紹介しています。

 

定期死亡保険選びの基本的な知識

終身死亡保険とは反対に、定期死亡保険は家族のための遺族保障として用いる保険です。
そのため、加入する際の死亡保障額が高額になります。

 

ただ、定期保険であるため保険料を安く抑えられ、各種割引制度によって保険料の割引が受けられます。
そうしたことを理解したうえで、定期死亡保険を選ぶと安心して選ぶことができます。
以下のコンテンツでは、そうした選び方のポイントや基礎知識、実際の比較情報を紹介しています。

 

近年台頭してきた「収入保障保険」

家族

最近は、定期タイプの死亡保険の中でも、無駄を省いて割安な保険料を実現している
収入保障保険
という死亡保険があります。

 

この収入保障保険は、必要な保障を残して無駄をカットした非常に合理的な死亡保険です。
大きめの遺族保障を、従来よりかなり割安に確保することができます。
子育て世代の方で大きな死亡保障が必要な場合には「収入保障保険」が重要な選択肢となります。

 

以下のコンテンツでは、そんな収入保障保険について仕組みや実際商品の比較情報を紹介しています。

 

死亡保険選びの際に浮かぶ疑問に回答!

死亡保険選びは、家族ができた時や家を買ったときなど、人生の大きな節目で行うことが多いです。
医療保険やがん保険と比べて保険料が高額になりがちであったり、家族のための保障となることがあったりするため、加入時に気になる点は多いです。

 

私自身も、自宅の団体信用生命保険の節約や、子供のための保障として検討をした際にはいろいろと疑問が浮かびました。
以下のコンテンツでは、そうした私自身が悩んだ点や、多くの人が疑問に思いがちな点について分かりやすく説明を行っています。

 

気になる死亡保険を個別レビュー

FPヨシタの説明

死亡保険は、ここまでご紹介したとおり、その中でも3種類に分かれます。
(さらに細かく分けるともっと細分化することができます。)

 

そうした数多い死亡保険について、おすすめのものを保障内容や保険料を説明したうえで、私ヨシタの独自視点で個別にビューしています。
死亡保険を選ぶ際の参考になれば幸いです。