人生設計に合わせた保険の考え方

人生全体で見る必要な保障

必要な保障を考えてみよう

家族

人生には、保険の保障を増やすタイミングと減らすタイミングがあります。
そのタイミングを間違えてしまうと、せっかくの保険も最大限の効果を発揮できません。

 

保険のことを考える際には、保障を増やすタイミングと減らすタイミングはしっかりと把握しておきたいです。
それに沿って選べば、保険選びも格段にやりやすくなります。
以下では、実際に就職をしてから老後を迎えるまでに必要な保障を考えていきます。

 

保障を増やすタイミングと減らすタイミングとはいつ?

保障を増やすタイミング

まず保障を増やすタイミングから見ていきます。
保障を増やすタイミングは、主に人生の前半〜中盤にかけて存在します。

 

具体的には次のような場面が保障が増えるタイミングです。

こうした際に入院や死亡時に備えての保障が必要になってきます。
そして、それに合わせて保険に入るため保障が増えていきます。

 

保障を減らすタイミング

続いて保障を減らすタイミングです。
保障を増やすタイミングとは反対に、減らすタイミングは人生の中盤〜後半にかけて存在します。
基本的には、子供が生まれた時をピークに、その後は減っていくことになります。

 

具体的には次のような場面が保障が減るタイミングです。

 

保障を維持するタイミング

また、保障を増やしもせず減らしもせず、維持するタイミングもあります。
これは、老後を迎えた時です。

 

基本的には、老後を迎える際には保障はすべて確保できた状態で、それを維持していくという形にしたいです。
老後には保険への出費は増やさずに、保障はしっかりと確保できているのが理想です。
(なかなか難しくはありますが…。)

人生に沿った保障額の変動をグラフで見てみよう

子供が1人の場合

では、実際にどのように保障が増減していくのかをグラフで見てみます。
まずは、次のような家族構成の場合です。

  • 夫婦
  • 子供1人
夫婦と子供1人の場合の保障の増減

保障の増減

 

このように、就職、結婚とともに保障が増え、子供の出産時が保障のピークとなります。
その後は子供の成長に伴い必要な保障が減って行きます。
最終的に、子供の独立をもって自分と配偶者のための保障が残ります。

 

子供が2人の場合

続いては、子供が二人の場合です。
この場合は次のようなグラフになります。

 

夫婦と子供2人の場合の保障の増減

保障の増減

 

こちらも基本的な考え方は子供のが一人の場合と同じです。
1つ違うのは、こちらでは、第2子の出産時に保障がピークとなります。
その後は、やはり子供の成長に従って必要な保障は低下していくことになります。

他にも人それぞれに保険のことを考えたいタイミング

人によっては必要となる保険のことを考えるタイミング

ここまで紹介したのは、多くの方にとって必要となる保険のことを考えるタイミングでした。
ただ、それ以外にも人によっては必要となるタイミングがあります。

 

具体的には次のような場合です。

こうした場合にも、保険を見直して保障の増減を考える必要があります。

 

年齢ごとにもそれぞれ考えておきたい保険は異なる

また、年代ごとにその時に最低限加入しておきたい保険も存在します。
どうしても保険は年を重ねるほど、加入を焦る傾向があります。

 

しかし、実際には若い内から加入しておいた方が良い保険というものもあります。
保険料の負担が重くなるため若い内の保険加入は敬遠されがちですが、最低限度のものに加入しておくと、結果的に支払う保険料の総額が安くなり将来の安心も得られます。

 

大きく分けると、次のようなタイミングで保険の事を考えておくと安心です。

 



私が保険に加入した際、無料保険相談会社に相談したことで自分に合う保険に加入できました。
保険のプロが、たくさんの保険の中から無料であなたに最適な保険を教えてくれます。
私が実際に相談した7社のうち、次の3社が特におすすめです。

「保険のビュッフェ」公式サイト画像

私が実際に保険の契約をした無料保険相談会社。
相談時には、保険のメリットだけでなくデメリットもしっかり説明してくれた。
「他のFPさんの話も聞いてみて、もし私で良ければいつでもご連絡下さい!」
と言ってくれて、保険の勧誘はせず、常に相談者を気遣った提案をしてくれた。
そうした点等、相談を通してとても信頼でき、保険のビュッフェに契約をお願いした。
結果、現在は自分にピッタリな保険に加入できてとても満足している。
その後も複数の保険見直しをお願いしたが、その都度最適な保険を提案してもらえてとても助かっている。
また、加入後にも住所変更や等にすぐ対応してくれて、お願いして正解だった。
項目提携FPの取扱い保険商品数 100以上


私が実際に保険に加入した保険相談です

⇒「保険のビュッフェ」の詳細はこちら

「Lifull保険相談」公式サイト画像

店舗型の保険ショップを選び、じっくりと相談することができる。
提携店舗が多く、買い物のついでに立ち寄って相談するといったことも可能。
保険の知識が豊富で、しつこい勧誘を行わなない店舗とのみ提携しており、実際に私が相談した際には、自分でしっかり考えられる時間を取って次の相談日を設定してくれた。
自宅やファミレス等ではなく、店舗で相談したい場合には最適。
他の保険相談のセカンドオピニオンとして相談するのにもおすすめ!
項目取扱い保険数 店舗により異なる


⇒「Lifull保険相談」の詳細はこちら

「みんなの生命保険アドバイザー」公式サイト画像

各保険の違いにしっかりと触れながら、的確に必要な保険を説明してくれた。
取扱い保険数が多く、相談者の目的に応じた豊富な提案が受けられる。
また、ライフプランに沿った提案をしてくれたのも印象的だった。
しつこい勧誘も一切なく、受けられる相談の質が高いと感じる。
他2社と甲乙つけ難く、他社とあわせて利用し比較して契約しても良い。
(私は実際に複数社をセカンドオピニオンとして利用しました。)
項目取扱い保険数 30社


⇒「みんなの生命保険アドバイザー」の詳細はこちら


無料保険相談会社 保険提案力No1

保険のお得な選び方を教えてくれる「保険のビュッフェ」

「保険のビュッフェ」公式サイト