女性保険の選び方と考え方

女性のための保険の選び方

女性のための医療保険が増えてきている

自宅の女性

生命保険は、基本的には保障内容に性別の違いはありません。
(性別の違いによる保険料の違いはあります。)

 

死亡保険であれば、男性でも女性でも亡くなった場合に保険金が支払われるという点は全く同じです。
同様に、医療保険やがん保険でも、入院した場合に給付金が支払われるという同じ機能を有しています。

 

しかし近年では「女性向けの医療保険」が増えてきています。

 

女性向けの医療保険は、当然ながら女性しか加入することができません。
そして、その保障内容も女性の保障に特化したものとなっています。

 

どのように女性保障に特化している?

女性向けの医療保険がどのように女性の保障に特化しているのかというと、それは女性特有の病気になった場合に、性別に関係のない病気の場合よりも多くの給付金を受け取ることができるようになっています。

 

一例ですが、次のような病気の場合です。

  • 子宮がん
  • バセドウ病
  • 子宮筋腫
  • 異常分娩(帝王切開)

以上のような病気を原因として、入院や手術を行った場合に、通常よりも多くの給付金が支払われます。
このように、女性保険では特に女性特有の病気に対して手厚い保障内容となっています。

 

さまざまな違いがあるためしっかりと理解してから加入したい

ポイント

このように、女性向けの保険にはさまざまな種類があります。
そして、それらは一言で「女性保険」と言っても、少しずつ違いがあります。

 

このような理由から、女性保険を選ぶ際には、次のような点に気を付けて考えていく必要があります。

  1. どういった保障内容なのか
  2. どういった違いがあるのか
  3. 本当に女性保険を選ぶべきなのか

 

以下のコンテンツでは、そうした女性保険の注意点や基礎的な知識、それらを踏まえた各種比較情報を紹介しています。

 

女性向けの共済も存在する

説明する女性

少し前までは、女性保険と言えば生命保険会社のものがほとんどでした。
しかし最近では、少額短期保険や女性向け共済と言った1年更新の安価な保険商品でも女性保険が増えています。

 

少額短期保険や女性向け共済は、女性保険とは少し保障内容が異なっているものがあります。
女性保険が男女共通の病気に加えて女性特有の病気も保障対象としているのに対して、少額短期保険等は女性向けの疾病だけを保障対象としている場合があります。
その場合には、すでに通常の医療保障に入っている方でも、上乗せの保障として用いることができます。

 

また、少額短期保険等の中には、通常分娩も保障の対象となるものがあります。
(生命保険会社の女性保険では保障対象となりません。)
そのため、上手に利用することで出産時の安心も確保することができます。

 

女性ならではの疑問点もある

悩む女性

保険のことを考える際に、女性ならではの気になる点というものがあります。
例えば、出産との関係や、主婦の方の保険のことについてです。

 

そういった女性ならではの気になる点についてどのように考えていけば良いか、以下のコンテンツで説明しています。

 

この「女性保険の部屋」では、女性保険の仕組みの説明や、各保険商品の比較、女性に知っておいてほしい保険に関することを紹介しています。
ぜひ、女性の方が保険を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。