学資保険の選び方と考え方!学資保険で最も重視すべき点は?

学資保険で最も重視したい点はとは?

学資保険で最も重要なのは?

お母さんと子ども

学資保険は、子供の将来の教育資金となる大切な貯蓄型の保険です。
そんな学資保険で最も重要なのはズバリ「返戻率」です。

 

返戻率とは、支払った保険料に対する戻ってくるお金の割合のことです。
この割合のことを「返戻率」と言い、お金を貯めることを主目的とする学資保険では最も重視したいポイントです。

 

この「学資保険の部屋」では、私自身が子供のために学位保険を選んだ経験も踏まえ、子供の将来のための大切な学資保険を選ぶにあたり、知っておきたい知識や選び方のポイント、個別商品のレビューを紹介します。

 

返戻率をはじめとした学資保険の基礎知識や選び方を紹介

先ほど紹介した返戻率は、学資保険を選ぶ際に必ず知っておきたい重要な知識です。
次の計算式で求めることができます。

満期に受け取る学資金総額 ÷ 支払う保険料総額 = 返戻率

 

この計算式で求めた値が1(100%)以上であれば、支払った以上に学資金を受け取ることができます。
反対に、1(100%)を下回るようであれば、元本割れする学資保険となります。

 

元本割れする学資保険は、入院時の保障等が手厚くなっている場合があります。
しかし、お金を貯めることを主目的とする学資保険としては積極的に選びたいものではないといえます。

 

返戻率は学資保険ごとや入るタイミングでも異なります

学資保険においてとても重要な返戻率ですが、学資保険それぞれでかなり異なります。
更に、同じ学資保険でも加入のタイミング等で返戻率は変動してしまいます。
そのため、どのタイミングでどの学資保険を選ぶのかが重要となります。

 

以下のコンテンツでは、そういった学資保険を選ぶ際に知っておきたい基本的な知識や種類、加入のタイミングを説明しています。
また、それらを踏まえたうえでの、さまざまな学資保険の比較情報もあわせて掲載しています。

 

「子供のため」となる学資保険では悩みも多い…

妊婦さんと旦那さんと子供

学資保険は自分のための保険ではなく、将来の子供のための保険です。
そのため「お金を貯める」ことが主目的となるシンプルな保険ではありますが、加入にあたってはどうしても慎重になってしまいます。
(私自身、子供のための額保険を検討した際には、専門家にも相談しながらかなり慎重に選びました…。)

 

そこで、以下のコンテンツでは、実際に学資保険を選ぶ際に浮かぶことが多い疑問や悩みについて解説をしつつ回答しています。
私自身が実際に思った疑問や、多くの方が考えるであろう疑問をまとめています。

 

学資保険を個別にレビュー

ポイント

学資保険は、貯蓄型の保険としては多くのものが発売されています。
どれも、機能としては「お金を貯める」ことが大前提となりつつ、それにさまざまな保障がついた仕組みとなっています。

 

ただ、その「お金を貯める」の部分で、どのくらい貯まるのかが各学資保険で最も異なるポイントです。
また、学資保険を実際に使う際に、子供が何歳の時点で何回に分けて受け取ることができるのかというのも重要なポイントです。

 

そういった重要なポイントを考慮しながら、さまざまな学資保険について管理人のヨシタ独自のレビューを行っています。
学資保険を選ぶ際に参考になれば幸いです。