終身保険と定期保険はどのように使い分けて行くべき?

終身保険と定期保険の選び方

家族のイメージ

世の中には様々な保険があります。
ですが、保険を保障期間というくくりで分類すると大きく分けて

  • 終身タイプの保険(終身保険)
  • 定期タイプの保険(定期保険)

の2種類に分けることができます。

 

終身保険と定期保険はそれぞれ、メリット・デメリットがあるため、使い方を間違えると役に立たない保険となってしまいます。
反対に言えば、終身・定期ともにそれぞれが得意とする保険に入ることで、最低限の保険料で最大の保障を得ることができます。
そのため、それらの特徴を知ることはとても大切です。

 

では、それぞれどのような特徴があり、どのような場面で使うのが良いのでしょうか。
以下では死亡保険を例にとり、それぞれ検討します。

 

終身タイプの保険の特徴

終身保険の仕組みとは

こちらでは、終身死亡保険を例に終身タイプの保険を説明します。
まず、終身タイプの死亡保険であれば、一般的に保険料と保障額は以下のようになります。

終身タイプの死亡保険

 

この表で表している終身タイプの保険の特徴は以下のとおりです。

  • 毎月の保険料が払込期間満了まで一定である(変動しない)
  • 保険料を払い込んでしまえば保障が一生涯続く
  • 毎月の保険料が割高になる(下の定期保険と比較してください。)

 

毎月の保険料が払込期間満了まで一定である

終身保険は、保険の契約が一生涯続きます。
そのため、定期保険のように契約終了後の再契約で保険料が値上がりすることはありません。

 

保険料を払い込んでしまえば保障が一生涯続く

終身保険では、保険料の払い込み満了期間を設定できるものが多いです。
例:65歳保険料払込み完了
その場合、65歳の時点で保険料の払い込みは終了し、保障が一生涯残ることとなります。

 

毎月の保険料が割高になる

終身保険のうち、特に死亡保険は保険会社が必ず死亡保険金を支払うことになります。
そのため、保険会社もそれに備えるために定期保険に比べて毎月の保険料を高く設定してします。

 

終身保険のメリットとデメリット

喜ぶ女性

メリット

ここまで紹介した終身保険の特徴のうち、

  • 毎月の保険料が払込期間満了まで一定である(変動しない)
  • 保険料を払い込んでしまえば保障が一生涯続く

は終身タイプの保険のメリットになります。

 

デメリット

特徴のうち残りの1つである

  • 保険料が割高になる

はデメリットとなります。

定期タイプの保険の特徴

定期保険の仕組みとは

続いて、定期タイプの保険について説明します。
定期タイプの死亡保険であれば、一般的に保険料と保障額は以下のようになります。

定期タイプの死亡保険

 

この表で表している定期タイプの保険の特徴は以下のとおりです。

  • 毎月の保険料が割安である(終身タイプに比べて)
  • 保険料の払い込みをやめれば保障が終了する
  • 更新の時期が来ると保険料が高くなる

 

毎月の保険料が割安である

定期保険は、契約の終了時期が決まった保険です。
そのため、死亡保険では保険会社が死亡保険金を払うかは不確定です。

 

特に若い人が加入した場合、保険会社が保険金を支払う可能性はかなり低くなります。
保険金を支払う可能性が低い分、年齢が若いほど保険料は安く設定されています。

 

保険料の払い込みをやめれば保障が終了する

定期保険はいわゆる「掛け捨て」の保険です。
契約期間が決まっており、その間保障を受けるためには保険料を払い続ける必要があります。
よって、保険料の払い込みをやめれば保障も終了します。

 

更新の時期が来ると保険料が高くなる

定期保険は契約が終了すると、保険をやめるか、契約を更新して保障を継続するかが選べます。
ただ、契約を更新すると、契約更新時の年齢で保険料を再計算するため、保険料が値上がりします。

 

一般的には、年齢とともに必要な保障は減っていくので、保障を減らして保険料を再計算することになります。
そうすることで、保険料の値上がりを緩和できます。

 

定期保険のメリットとデメリット
メリット

ここまで紹介した定期保険の特徴のうち、

  • 保険料が割安である

は定期タイプの保険のメリットになります。

悩む女性

 

デメリット

残りの特徴のうち

  • 保険料の払い込みをやめれば保障が終了する
  • 更新の時期が来ると保険料が高くなる

はデメリットとなります。

終身保険と定期保険の使い分け方

保険は各タイプのメリットデメリットに応じて使おう

ここまで紹介してきたとおり、終身保険と定期保険にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
表でまとめると次のようになります。

 

保険タイプ別のメリットデメリット
メリット デメリット
終身保険
  • 毎月の保険料が払込期間満了まで一定である(変動しない)
  • 保険料を払い込んでしまえば保障が一生涯続く
  • 保険料が割高になる
定期保険
  • 保険料が割安である
  • 保険料の払い込みをやめれば保障が終了する
  • 更新の時期が来ると保険料が高くなる

 

ここまでを踏まえ、終身タイプと定期タイプには、どんな保険が向いているのかを説明します。

 

終身タイプの保険
終身タイプが向いている保険

終身タイプの保険は、保険料を払い込めば一生涯保障が続くため、以下の保険に向きます。

 

これらの保険であれば、終身タイプであってもさほど毎月の保険料が高くなることはありません。
ちなみに、私が加入している終身タイプの保険の保険料は毎月以下の料金です。(払込期間60歳まで。)

  • 終身医療保険:2,047円
  • 終身がん保険:3,018円

一生涯保障となりますが、保険料は決して高くはありません。

 

終身タイプが向かない保険

反面、終身タイプだと保険料が高くなるため以下の保険には向きません。

  • 死亡保険(子育て期間等の高額な死亡保障)

子供がいる間に必要となる高額な死亡保障を、終身タイプで確保するのはお勧めできません。
子供がいる間の死亡保障は、あくまで子供が社会人になるまでの期間のみ必要なものです。
そのため、その保障を一生涯持つ必要はないのです。

 

定期タイプの保険
定期タイプが向いている保険

定期タイプの保険は、割安な保険料で高額な保障を持てるため、以下の保険に向きます。

  • 死亡保険(子育て期間等の高額な死亡保障)

子供がいる間に必要となる高額な死亡保障については、定期タイプの死亡保険で備えるのが良いです。
特に、収入保障保険という定期タイプの保険は、子供のための死亡保障を確保するのに最適です。
終身タイプの保険より、かなり格安に備えることができます。

 

定期タイプが向かない保険

保障期間が限られているため、定期タイプは以下の保険には向きません。

  • 医療保険
  • がん保険

これらの保障は、主に老後に必要となることが多い保険です。
そのため、保障期間が限られている定期タイプの保険で加入することは望ましくありません。

 

保険加入の際にはしっかりと必要な保険を見極めましょう

FPさん

以上のように、保険は「終身」か「定期」かで得意とする分野が異なってきます。
保険タイプの選択を間違うと、肝心な時に保険が使えないなど、全く意味のないものとなってしまいます。

 

そのため、保険加入の際には、それぞれに合った保険に加入するようお気を付けください。
また、もし現在、子供がいる間の高額な死亡保障を終身タイプで加入してしまっている等の場合には、定期タイプの保険への見直しもお勧めします。
そうすることで保険料をかなり節約することができます。

 

死亡保険の加入は専門家の意見を聞いてからが安心

死亡保険は、保険金額が大きいため保険料も高額になりがちです。
また、必要ないほどの死亡保険に加入してしまい、保険料を払いすぎることになってしまう場合もあります。

 

そうならないようにするためにおすすめなのが、保険の専門家に相談するという方法です。
保険の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することで、自分に適切な保険を知ることができます。

 

保障額や保険料が高くなりがちな死亡保険を考える際には、一度意見を聞いておきたい相手です。
(私自身、FPの資格を取る前に何度も相談をしてから今の保険に加入しました。)
実際に私が相談した保険相談会社については、以下のページでおすすめのものをまとめて紹介しています。
保険選びの際のお役に立てば幸いです。

 

 

保険加入時に実際に相談した保険の専門家を体験談付のおすすめ順で紹介!