がん保険は必要?がん保険の必要性とは|保険比較ランキング

がん保険に入る必要はあるの?

 

現在、がん保険への加入を悩んでいます。
医療保険には入っているんですが、追加でがん保険にも入る必要はあるでしょうか?


 

病気での保障を考える際、がん保険のことを考える方は多いと思います。
日々、テレビCMでもがん保険の宣伝が流れていますよね。

 

実際に私も、医療保険加入する際にあわせてがん保険のことも検討しました。
その際に相談したFP(ファイナンシャルプランナー)さんによると、そういう人はとても多いそうです。

 

では、実際にがん保険に加入する必要はあるのかどうか。
日本人のがん罹患率の数値や、管理人の実体験から紹介していきます。

 

医療保険でもがんには備えられますが…

そもそもがん保険とは

がん保険とはどんな保険かというと、医療保険の一種です。
正確には、がんの保障に特化した医療保険です。

 

そのため、医療保険に入った上でがん保険にも入るのは、医療保険に重複して入ることであるとも言えます。
実際に、医療保険とがん保険では以下のような保障が重複しています。

 

  • 入院日額保障 : 入院時に1日単位で支払われる保険金
  • 手術給付金 : 手術を受けた際に支払われる保険金
  • 通院給付金 : 入院後の通院時の1日あたりの保険金
  • 先進医療保障 : 先進医療を受けた際の保険金

 

このように保障範囲の多くは、医療保険とがん保険でそれぞれ重複しています。
イメージとしてはこのような感じです。

≪医療保険とがん保険の保障範囲の重複≫

 

医療保険とがん保険の保障範囲

 

しかし、がん保険には医療保険にはない独自の保障があります。

 

それは、がんと診断された際の一時金です。

 

がん診断時の一時金とは

がん診断時の一時金とは、がんと診断された際にまとまったお金が支払われるものです。
金額は、概ねですが100万円〜200万円であることが多いです。

 

がん保険によって

  • 一時金の支払いが保険期間通して一度きりなのか、数年置きに何度でもなのか
  • 上皮内新生物という初期がんの場合に一時金の金額が変わるのか、変わらないのか
  • 二度目以降の支払では一時金の額が変わるのか、変わらないのか

といった点が異なってきます。

 

がん罹患時には医療保険とがん保険の両方が支給される

以上のように、がん保険は医療保険と保障範囲を一部同じくしつつ、医療保険にはないがん罹患時の一時金の保障がある保険です。
ただ、ここで重要なのは、医療保険とがん保険の両方に入っている場合、がんで入院や手術を受ければ、医療保険とがん保険の両方の保険金が支払われるということです。

 

医療保険とがん保険を療法加入していると、がんで入院をした際に、かなり手厚い保障が受けられるようになります。

 

では、そもそも、がんに対して手厚く備える必要があるのか。
今度は、日本人のがんの罹患率から考えてみます。

がんに罹患する確率 高いと感じますか?低いと感じますか?

がんに罹患する確率はどのくらい?

日本人はがんになりやすいといわれます。
概ね、日本人の2人に1人ががんになると言われています。

 

では、実際にもう少し正確な数値で見てみたいと思います。
日本人の性別ごとのがん罹患率(がんになる確率)は、2010年時点で次のようになっています。

  • 男性 60%
  • 女性 45%

(出典:国立がん研究センター『最新がん保険統計』)

がんの検査風景

 

がんになる確率をどう考えるか

上記のがんになる確率は、高いと感じますか?
それとも低いと感じますか?

 

私はかなり高いと感じます。
男性なら5人いたらそのうち3人はがんになるわけです。
女性であれば、5人いたらそのうちの2人ががんになるわけです。

 

もちろん、がんにならない側に入る人もいることは事実です。
しかし、そちら側に入れるかはわかりませんし、がんになる側に入る確率も1/2近くはあるわけです。
であれば、その1/2近い確立に対して、しっかりと備えることは必要だと思いませんか?

ケチで凝り性な私ががん保険に加入した理由

私ががん保険に入ったのは実体験から

私自身はがん保険に加入しているのかというと、がん保険には加入しています。
加入しているのは終身タイプのがん保険です。
私が入ったがん保険

 

加入したのは、私の父ががんになった際の経験からです。

お父さんのイメージ

 

家族ががんになれば、家族の心的負担はかなり大きいです。
その際に、治療費などの面で金銭的な負担があると、更に、精神的にかなり追い詰められます。

 

私の場合、幸い父ががん保険に加入してくれていたため、金銭的にはかなり救われました。
正直なところ、あの心労に加え、金銭的な負担もあったらと思うとゾッとします。

 

私が加入したがん保険の保険料

私が加入した終身がん保険は、かなりお安いです。
65歳までの払い込みで一生涯の保障が得られて、保険料は月々3,018円です。
(なんだか聞いたことがあるテレビCMのような言い回しですね…。)

 

現役世代の3,000円強の負担でがんへの備えが得られるなら、老後のことを考えれば、圧倒的に精神的に良いと考えました。
この保険料で、精神的な安心(もちろん、がんの際の保障も)が得られるなら安いものです。
そうした理由から、私はがん保険に加入しました。

 

がん保険が必要なのかどうかの結論

がん保険は家族への負担軽減効果が大きいです

紹介する男性

以上の点を踏まえ、がん保険に入っておくべきかどうかの結論です。

 

がん保険は必要であり、入っておくべき保険です。

 

医療保険だけでも備えられはしますが…

上でも書きましたが、確かに医療保険だけでもがんに備えることはできます。
しかし、

  • 日本人のがんの罹患率
  • 家族への心的・金銭的負担

という点など、いざ自分ががんになった時の家族の負担を考えれば、がん保険には入ったおいた方が良いです。
がん保険は、家族への負担軽減効果がかなり大きい保険だといえます。

 

もちろん、生活がかなり苦しいという場合などは、生活を圧迫してまで入る必要はありません。
ただ、毎月数千円の掛け金で一生涯のがんへの安心が得られるのであれば、私は備えておくべきと考えます。

 

もちろん、医療保障もあるため、がん保険への備えは最小限で十分です。
実際に、私もがん保険の保障内容はそのがん保険内での最小の保障内容にしてあります。

 

がん保険の必要性についてはFPさんにも相談しました

家族

一度書きましたが、私は28歳で時点で、終身タイプのがん保険に加入しました。
65歳まで払込んで一生保障が続いて、保険料は月々3,018円です。
中には、更に安い保険料で一生涯の保障が得られるがん保険もあります。

 

加入時には、保険の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)さんに相談して加入しました。
FPさんには、医療保険との重複のことを質問しましたが、やはり
「無理でなければ備えておいたほうが良い」
という回答でした。

 

そのFPさんも医療保険とがん保険には重複加入しているとのことでした。
(実際に、保険証券を見せてもらいました。)

 

もし、がん保険への加入時に、医療保険との重複で疑問があれば、数多くの保険加入者の実例を見てきているFPさんに質問してみるのが良いです。
私も質問してみてかなり具体的に回答がもらえ、納得してがん保険に加入することができました。

 

繰り返しになりますが、がん保険には大きな家族への負担軽減効果があります。
がん保険への加入を考える際は、がんは自分だけの問題ではなく、家族全体のことであることを思い浮かべて考えてみてくださいね。

 

終身がん保険のコメント付き比較ランキング!