統計資料から見る、性別ごとのがんになる確率や部位の違い

男女でり患するがんは異なる

生命保険のことを考えるにあたり、がんのことを知っておくと選ぶ際に役に立ちます。

 

血圧を測る女性

「日本人の死因で一番多いのはがん」
という言葉を耳にすることはありますが、実際に詳細な数字を見る機会はありません。

 

そこで、このページでは、男女別の

  • がんの死因に占める割合と死亡人数
  • 生涯のうちにがんにり患する割合

等について、各種統計資料に基づいて説明します。

男女別のがんの死因に占める割合と死亡人数

男女別のがんの死因に占める割合

まずは男女別のがんの死亡率です。
これは、年間の死因のうち、がんがその原因となっている割合です。

 

死因に占める割合 死亡人数
男性 32.9% 21万6975人
女性 24.3% 14万7897人
全体 28.8% 36万4872人

【出典】厚生労働省『平成25年(2013)人口動態統計(確定数)の概況

 

死因に占める割合で1位

このように、

  • 男性の約1/3
  • 女性の約1/4

が、がんにより死亡しています。

 

疾病別の死因に占める割合でがんが1位

また、死因に占める割合としては「がん(悪性新生物)」が、他の疾病を抑えて1位となっています。

死因 死因に占める割合
がん(悪性新生物) 28.8%
心疾患 15.5%
肺炎 9.7%
脳血管疾患 9.3%
老衰 5.5%

生涯のうちにがんにり患する割合

生涯のうちにがんになる割合とその部位

続いては、生涯のうちにがんにり患する割合です。
がん全体の値で見ると、生涯のうちにがんにり患する割合は

  • 男性:58.0%
  • 女性:43.1%

となっています。

 

部位別で見てみよう

更に細かく部位別で見てみると、次のようになっています。
国立がん研究センターが部位ごとのり患率を公表しています。

男性 女性
食道がん 2.2% 0.5%
胃がん 11.2% 5.7%
結腸がん 5.4% 5.0%
直腸がん 3.2% 1.8%
大腸がん 8.6% 6.8%
肝臓がん 4.2% 2.4%
胆のう・胆管がん 1.7% 1.8%
すい臓がん 2.2% 2.1%
肺がん 9.5% 4.3%
乳がん - 7.2%
子宮がん - 2.6%
子宮頚がん - 1.2%
子宮体がん - 1.3%
卵巣がん - 1.1%
前立腺がん 7.0% -
甲状腺がん 0.4% 1.1%
悪性リンパ腫 0.4% 1.1%
白血病 0.9% 0.7%

【出典】国立がん研究センターがん対策情報センター『がん情報サービス

 

女性の方がり患する部位が多い

男女別で見てみると、男性の方ががんにり患する確率は高いです。
しかし、女性の方がり患する可能性のある部位が多いのがわかります。

 

こうした違いがあるため、男女別で見た際に、性別によってがん保険の保険料に違いが出ることがあります。
男女でそれほど保険料が変わらない場合もありますが、女性の方が1.5倍程度高くなる場合もあります。

 

がん保険は保険会社によっても保険料が変わります

がん保険は、性別だけじゃなく、保険会社によっても保険料は大きく異なります。
そのため、複数の保険会社の中から、自分が求める保障を備えた最も良いものを選ぶことが大切です。

 

 



私ががん保険に入った際、無料保険相談会社に相談した事で自分に合う保険に加入できました。
保険のプロが、たくさんの保険の中から無料であなたにピッタリのがん保険を教えてくれます。
私が実際に相談した7社のうち、次の3社が特におすすめです。

「保険のビュッフェ」公式サイト画像

私が実際にがん保険の契約をした無料保険相談会社。
相談時には、保険のメリットだけでなくデメリットもしっかり説明してくれた。
「他のFPさんの話も聞いてみて、もし私で良ければいつでもご連絡下さい!」
と言ってくれて、保険の勧誘はせず、常に相談者を気遣った提案をしてくれた。
そうした点等、相談を通してとても信頼でき、保険のビュッフェに契約をお願いした。
その結果、現在は自分に合ったがん保険に加入できてとても満足している。
その後も複数の保険見直しをお願いしたが、その都度最適な保険を提案してもらえてとても助かっている。
また、加入後にも住所変更や等にすぐ対応してくれて、お願いして正解だった。
項目提携FPの取扱い保険商品数 100以上


↓医療費とがん保険に関するアンケート実施中!↓

⇒「保険のビュッフェ」の詳細はこちら

「Lifull保険相談」公式サイト画像

店舗型の保険ショップを選び、じっくりと相談することができる。
提携店舗が多く、買い物のついでに立ち寄って相談するといったことも可能。
保険の知識が豊富で、しつこい勧誘を行わなない店舗とのみ提携しており、実際に私が相談した際には、自分でしっかり考えられる時間を取って次の相談日を設定してくれた。
自宅やファミレス等ではなく、店舗で相談したい場合には最適。
他の保険相談のセカンドオピニオンとして相談するのにもおすすめ!
項目取扱い保険数 店舗により異なる


⇒「Lifull保険相談」の詳細はこちら

「みんなの生命保険アドバイザー」公式サイト画像

各保険の違いにしっかりと触れながら、的確に必要な保険を説明してくれた。
取扱い保険数が多く、相談者の目的に応じた豊富な提案が受けられる。
また、ライフプランに沿った提案をしてくれたのも印象的だった。
しつこい勧誘も一切なく、受けられる相談の質が高いと感じる。
他2社と甲乙つけ難く、他社とあわせて利用し比較して契約しても良い。
(私は実際に複数社をセカンドオピニオンとして利用しました。)
項目取扱い保険数 30社


⇒「みんなの生命保険アドバイザー」の詳細はこちら


無料保険相談会社 がん保険提案力No1

医療保険のお得な選び方を教えてくれる「保険のビュッフェ」

「保険のビュッフェ」公式サイト




 

良いがん保険を選ぶためにおすすめのコンテンツ

 

通院する女性

がんの治療方法は進化しており、それに対応できるよう保険も変わっています。がん保険では、入院から通院重視への治療方法の進化にあわせて通院保障の必要性が高まっています。がんの通院治療とがん保険の通院保障について実際の患者数をもとに説明します。


 

がんの手術

がん保険を見ていると「上皮内新生物」と「悪性新生物」という言葉を目にすることがあります。これらは、がん保険の保険金額にかかわってくる非常に大きなものです。これらはどういったがんで、保険金額にどのような違いが現れるのか説明します。


 

ランキングの説明

がんは今や2人に1人がかかる時代であり、がん保険の備えは必要です。凝り性の管理人は20社近くのがん保険を比較検討し、実際に終身がん保険に加入しました。その経験から、がん保険をコメント付きでランキング付けし、更におすすめのがん保険を紹介します!


 

カルテ

がん保険では、治療方法の進化に合わせて保障内容や特約事項が進化しています。また、保険料も割安になっているため、見直すことでより良いがん保険に加入することも可能です。良いがん保険に見直すための選び方と最近のがん保険の特徴を紹介します。