統計資料から見る、性別ごとのがんになる確率や部位の違い

男女でり患するがんは異なる

生命保険のことを考えるにあたり、がんのことを知っておくと選ぶ際に役に立ちます。

 

血圧を測る女性

「日本人の死因で一番多いのはがん」
という言葉を耳にすることはありますが、実際に詳細な数字を見る機会はありません。

 

そこで、このページでは、男女別の

  • がんの死因に占める割合と死亡人数
  • 生涯のうちにがんにり患する割合

等について、各種統計資料に基づいて説明します。

男女別のがんの死因に占める割合と死亡人数

男女別のがんの死因に占める割合

まずは男女別のがんの死亡率です。
これは、年間の死因のうち、がんがその原因となっている割合です。

 

死因に占める割合 死亡人数
男性 32.9% 21万6975人
女性 24.3% 14万7897人
全体 28.8% 36万4872人

【出典】厚生労働省『平成25年(2013)人口動態統計(確定数)の概況

 

死因に占める割合で1位

このように、

  • 男性の約1/3
  • 女性の約1/4

が、がんにより死亡しています。

 

疾病別の死因に占める割合でがんが1位

また、死因に占める割合としては「がん(悪性新生物)」が、他の疾病を抑えて1位となっています。

死因 死因に占める割合
がん(悪性新生物) 28.8%
心疾患 15.5%
肺炎 9.7%
脳血管疾患 9.3%
老衰 5.5%

生涯のうちにがんにり患する割合

生涯のうちにがんになる割合とその部位

続いては、生涯のうちにがんにり患する割合です。
がん全体の値で見ると、生涯のうちにがんにり患する割合は

  • 男性:58.0%
  • 女性:43.1%

となっています。

 

部位別で見てみよう

更に細かく部位別で見てみると、次のようになっています。
国立がん研究センターが部位ごとのり患率を公表しています。

男性 女性
食道がん 2.2% 0.5%
胃がん 11.2% 5.7%
結腸がん 5.4% 5.0%
直腸がん 3.2% 1.8%
大腸がん 8.6% 6.8%
肝臓がん 4.2% 2.4%
胆のう・胆管がん 1.7% 1.8%
すい臓がん 2.2% 2.1%
肺がん 9.5% 4.3%
乳がん - 7.2%
子宮がん - 2.6%
子宮頚がん - 1.2%
子宮体がん - 1.3%
卵巣がん - 1.1%
前立腺がん 7.0% -
甲状腺がん 0.4% 1.1%
悪性リンパ腫 0.4% 1.1%
白血病 0.9% 0.7%

【出典】国立がん研究センターがん対策情報センター『がん情報サービス

 

女性の方がり患する部位が多い

男女別で見てみると、男性の方ががんにり患する確率は高いです。
しかし、女性の方がり患する可能性のある部位が多いのがわかります。

 

こうした違いがあるため、男女別で見た際に、性別によってがん保険の保険料に違いが出ることがあります。
男女でそれほど保険料が変わらない場合もありますが、女性の方が1.5倍程度高くなる場合もあります。

 

がん保険は保険会社によっても保険料が変わります

保険相談

がん保険は、性別だけじゃなく、保険会社によっても保険料は大きく異なります。
そのため、複数の保険会社の中から、自分が求める保障を備えた最も良いものを選ぶことが大切です。