メットライフ生命の「ガードエックス」の特徴とは?どう入るべき?

メットライフ生命 がん保険ガードエックスってどんな保険?

数あるがん保険の中でも、人気が出てきているのが
メットライフ生命 ガン保険ガードエックス
です。

 

FPさんが良いがん保険を選ぶ際には上位に入ってくることが多いです。

 

このがん保険は、他のがん保険とは保障内容が大きく異なっています。
しかし、どのように異なっているのかというのはなかなか分かりづらいところです。

入院

 

「ガードエックス」の

  • 保障内容
  • 特徴
  • 保険料

を基に、人気の理由を紹介します。

 

何が保障される?「ガードエックス」の基本情報と保障内容

ガードエックスの特徴を一覧で見てみよう
ガードエックスの基本情報

ガードエックス

まず、ガードエックスの基本的な情報を紹介します。

保障内容
加入可能な年齢 18〜80歳
保険期間(保障される期間) 一生涯
保険料支払期間 一生涯
付帯するサービス等 T-PECセカンドオピニオン

 

ガードエックスの保障内容

メットライフ生命「ガードエックス」の保障内容は次のようになっています。
必ずついてくる「基本保障」と、任意でつけることができる「特約事項」の順に説明します。

保障項目 基本保障 特約事項
がん診断一時金 × ×
がん治療一時金 ×
入院給付 ×
通院給付 × ×
手術給付 × ×
先進医療給付 ×
抗がん剤治療給付 △※ ×
放射線治療給付 △※ ×
ホルモン剤治療給付 ×
女性向け保障 ×

【参考】メットライフ生命「ガードエックス
※がん治療一時金に含まれる

 

以上の様になっています。
以下ではそれぞれの保障内容を紹介します。

 

基本保障
がん治療一時金

ガードエックスのメインとなる保障です。
入院の有無にかかわらず、以下のどれかの治療を開始した場合に、一時金が支払われます。

  • 手術
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療

内視鏡検査

 

一時金の金額は、次のようになっています。

  • 悪性新生物(がん):100万円
  • 上皮内心生物(初期がん):50万円

これらは1年に一度を限度として、通算5回まで支払われます。

 

ホルモン剤治療給付

ホルモン剤による治療を行った場合に、保険金額が支払われます。
金額は30万円です。

 

これは1年に1度支払われ、通算で10回まで保障を受けることができます。
ホルモン剤治療を行った翌年に再度行った場合に、もう一度保険金を受け取ることができます。

 

特約事項
入院給付

他の多くのがん保険では基本保障になっている入院給付ですが、ガードエックスでは特約事項となっています。
そのため、入院給付をつけないでの加入も可能です。

 

保障金額は次のとおりです。

  • 入院60日目まで:1日あたり10,000円
  • 入院61日目から:1日当たり20,000円

保障日数は無制限となっており、限度はありません。

 

先進医療給付

がん治療のための先進医療を受けた際に、保険金が支払われるものです。
支払われる金額は次のとおり2種類あり、両方受け取ることができます。

  • 先進医療技術料と同額(通算2,000万円まで)
  • 先進医療技術料の20%(1回につき100万円が限度)

通常、先進医療給付は前者の技術料と同額のみの給付となりますが、このがん保険ではさらに技術料の20%まで支払われます。

 

女性向け保障

女性には、男性にはない女性特有のがんになる部位が存在します。
その女性特有のがんに備えるための保障です。
統計資料で見る性別ごとのり患するがんの違い

 

次のような治療を受けた際、一時金が支払われます。

  • 乳房観血切除術:30万円(2回まで)
  • 卵巣観血切除術:30万円(2回まで)
  • 子宮観血切除術:30万円(1回のみ)

また、上記の乳房観血切除術を行った乳房の再建術を行う場合に、一回を限度として30万円が支払われます。

この保険の最大の特徴は「治療給付金の支給回数」とその条件!!

最大の特徴「1年に一度の一時金」
一時金の支給回数が大きなメリット

ポイント

このがん保険の最も大きな特徴は、
治療給付金が1年に一度支払われる
ということです。

 

実は、こうした一時金が「1年に一度」支払われるがん保険は、今のところ他に存在しません。

 

支給要件もすごい

また、更にすごいのは、支給要件が「所定の治療を行う」ことであるという点です。
他のがん保険にも一時金は存在しますが、その支給要件は「がんと確定診断されたこと」であることが多いです。

 

この保険は、所定の治療を行っていれば、治療一時金が支払われます。
そして、一時金を受け取った翌年に継続治療中で再度治療を受けた場合、また一時金を受け取ることができます。

 

私の父も実際そうでしたが、がんの治療はかなり長引きます。
その際、一時金を受け取ることができれば金銭面での不安はかなり払しょくできます。
このがん保険は、そうした長引く治療への不安をしっかりと保障してくれるがん保険です。

 

次いで大きな特徴「基本保障のシンプルさ」

次いで大きな特徴といえるのは
基本保障がシンプルである
という点です。

 

がん保険によっては、基本保障がかなり手厚くなっているものもあります。
もちろんそれはそれで良いのですが、このがん保険はその逆の作りとなっています。

 

シンプルだと何が良い?

シンプルであることの利点は、必要な保障のみを選ぶことができるという点です。
近年、がん治療は入院から通院へと移り変わってきています。
そのため、がん保険のトレンドは「入院給付」から「通院給付」へと移ってきています。
がんで増える通院治療と必要性が増すがん保険の通院保障とは

 

こうしたがん治療のトレンドに対応できるよう、「ガードエックス」では、入院給付はあえて特約事項となっています。
そのため、入院給付が必要だと考える方のみ選択するという作りになっているのです。

 

通院給付はないけれど…

このがん保険の場合、通院治療に備えるための「通院給付」は存在しません。
ただ、治療一時金を短期間で受け取ることができるため、その一時金を通院の治療に充てることもできます。

 

そのため、「通院給付」はありませんが、通院治療に対応できないというわけではありません。

ガードエックスの気になる保険料は?

「ガードエックス」の保険料を見てみよう

続いては「ガードエックス」の保険料を見てみます。
特約の有無で保険料も変わってくるため、以下では

  • 基本保障のみのシンプルな場合
  • 全ての特約を付けた場合(女性特約除く)

の2パターンの保険料を紹介します。

 

基本保障のみのシンプルな場合の保険料

基本保障のみの場合保険料は次のようになります。

  • がん治療一時金
  • ホルモン剤治療一時金
加入者の年齢 男性 女性
20歳 1,218円 2,163円
30歳 1,774円 3,148円
40歳 2,686円 4,282円
50歳 4,100円 5,325円
60歳 6,037円 6,412円

 

全ての特約を付けた場合(女性特約除く)

続いて、女性特約以外のすべての特約を付けた場合です。

  • がん治療一時金
  • ホルモン剤治療一時金
  • 入院給付(特約)
  • 先進医療給付(特約)
加入者の年齢 男性 女性
20歳 1,923円 2,710円
30歳 2,774円 3,895円
40歳 4,128円 5,272円
50歳 6,223円 6,589円
60歳 8,959円 7,976円

「ガードエックス」どんな風に加入するのが良い?

ガードエックスの特徴を生かした入り方とは?

ガードエックスの特徴を最大限生かす最もおすすめの入り方は次のような入り方です。

医療保険 + ガードエックス(基本保障のみ)

前述のとおり近年のがん治療では、入院はかなり短縮化されており、がん保険での重要性は以前より薄れています。
ただし、まったく備えないというのも心配ではあります。

 

FPさん

そこで、入院には医療保険の入院給付で備えて、がんへの備えとして、ガードエックスの治療一時金を使います。
そうすることで

  • 保険料を抑えて
  • がんにも手厚く備える

ということが可能になります。

 

基本保障のみにすることで、他のがん保険と比べて保険料を節約できます。
また、ガードエックスの治療一時金は、回数や条件の面で優れているので、保障として持っておけば安心感があります。

 

ぜひ、さまざまながん保険とも比較しながら、ガードエックスを検討してみてくださいね。

 



私ががん保険に入った際、無料保険相談会社に相談した事で自分に合う保険に加入できました。
保険のプロが、たくさんの保険の中から無料であなたにピッタリのがん保険を教えてくれます。
私が実際に相談した7社のうち、次の3社が特におすすめです。

「保険のビュッフェ」公式サイト画像

私が実際にがん保険の契約をした無料保険相談会社。
相談時には、保険のメリットだけでなくデメリットもしっかり説明してくれた。
「他のFPさんの話も聞いてみて、もし私で良ければいつでもご連絡下さい!」
と言ってくれて、保険の勧誘はせず、常に相談者を気遣った提案をしてくれた。
そうした点等、相談を通してとても信頼でき、保険のビュッフェに契約をお願いした。
その結果、現在は自分に合ったがん保険に加入できてとても満足している。
その後も複数の保険見直しをお願いしたが、その都度最適な保険を提案してもらえてとても助かっている。
また、加入後にも住所変更や等にすぐ対応してくれて、お願いして正解だった。
項目提携FPの取扱い保険商品数 100以上


↓医療費とがん保険に関するアンケート実施中!↓

⇒「保険のビュッフェ」の詳細はこちら

「Lifull保険相談」公式サイト画像

店舗型の保険ショップを選び、じっくりと相談することができる。
提携店舗が多く、買い物のついでに立ち寄って相談するといったことも可能。
保険の知識が豊富で、しつこい勧誘を行わなない店舗とのみ提携しており、実際に私が相談した際には、自分でしっかり考えられる時間を取って次の相談日を設定してくれた。
自宅やファミレス等ではなく、店舗で相談したい場合には最適。
他の保険相談のセカンドオピニオンとして相談するのにもおすすめ!
項目取扱い保険数 店舗により異なる


⇒「Lifull保険相談」の詳細はこちら

「みんなの生命保険アドバイザー」公式サイト画像

各保険の違いにしっかりと触れながら、的確に必要な保険を説明してくれた。
取扱い保険数が多く、相談者の目的に応じた豊富な提案が受けられる。
また、ライフプランに沿った提案をしてくれたのも印象的だった。
しつこい勧誘も一切なく、受けられる相談の質が高いと感じる。
他2社と甲乙つけ難く、他社とあわせて利用し比較して契約しても良い。
(私は実際に複数社をセカンドオピニオンとして利用しました。)
項目取扱い保険数 30社


⇒「みんなの生命保険アドバイザー」の詳細はこちら


無料保険相談会社 がん保険提案力No1

医療保険のお得な選び方を教えてくれる「保険のビュッフェ」

「保険のビュッフェ」公式サイト




 

 

良いがん保険に入るためのおすすめのコンテンツ

 

ランキングの説明

がんは今や2人に1人がかかる時代であり、がん保険の備えは必要です。凝り性の管理人は20社近くのがん保険を比較検討し、実際に終身がん保険に加入しました。その経験から、がん保険をコメント付きでランキング付けし、更におすすめのがん保険を紹介します!


 

アフラック

アフラックの「新生きるためのがん保険 Days」といえば、ブラックスワンのCMでおなじみの知名度も人気も高いがん保険です。保障が充実していると評判ですが、果たして本当に良いがん保険なのでしょうか。保障内容や保険料とのバランスから考えていきます。


 

あんしん生命

東京海上日動あんしん生命の評判のがん保険「がん診断保険R」の保険料返還の仕組みや保障内容、年齢性別毎の保険料等を分かりやすく説明します。また、このがん保険がどんな人におすすめなのかも紹介します。


 

保険のプロへの相談

保険を見直す際には「無料保険相談」を利用することがよく行われるようになっています。しかし、実際にどのようなサービスでどのようなメリットがあるのかはあまり知られていません。実際に多くの無料保険相談会社を利用した私が、実体験を基に紹介します。